子育て事業 介護事業 障がい支援事業 地域生活相談事業 居場所事業

思いと歴史

発心

“自己を習う・他己を知る”

誠信会創立者である長谷川明徳は、曹洞宗玉泉寺・長谷川徳仙和尚の長男として生まれ、昭和31年に駒沢大学を卒業し僧侶となるため熊本県の大慈寺で禅の修行をおこないました。

その時、大慈寺開祖寒巌禅師が有明海の開拓や架橋など社会事業に力を注がれた思いに感銘を受け、大慈寺での修行の後、永平寺での修行を経て社会事業の勉強をすべく福祉の学校(現在の東北福祉大学)へと進学しました。

狩野川台風

“今、自分にできること”

昭和33年、狩野川台風が伊豆半島全域に約930名の死者・行方不明者をだす被害をあたえ、たまたま学校から帰省中であった創立者は、駅で泣いている災害孤児となった子供たちを見捨てられず寺へ連れ帰りました。

「子供たちのために、今の自分にできることは」

当時指導をうけていた恩師である故田代不二男先生(東北大学名誉教授)に相談をして、先進の児童福祉を学ぶため、アメリカ・ネブラスカ州・オマハ市「少年の町(ボーイズ・タウン)」に修行をする決意を固めました。

1985年ボーイズタウンより寄贈

少年の町

“I go to Boy's town”

USAネブラスカ州オハマ空港ロビーにて
1959年11年少年の町監督者

昭和34年、その当時外国へ行くことの困難さは計り知れず、横浜港からアメリカに向かう貨物船を親しき人達が見守ったそうです。そこから太平洋の航海を二週間、さらに内陸のネブラスカ州オマハ市「少年の町」まで二ヵ月余り、片言の英語と「I go to Boy's town」と書いた札を胸に下げ、ヒッチハイクによる旅を続けました。「少年の町」に到着し、故フラナガン神父の後継者ニコラス・ウェグナー氏に田代不二男先生よりの紹介状を見せると、異国の僧侶に、「よく来られた、心ゆくまで勉強していきなさい」と一部屋を与えられたそうです。「少年の町」は、文字どおり学校、銀行、警察まである一つの町で、入所児も3,000人くらいの大規模な施設でした。
そこでは第二次大戦の孤児、事情により家庭で生活ができない子供が職員と一緒に住み、農園などで働き、勉学をしていました。

誠信少年少女の家

“子供たちの笑顔のため”

創立当時の子供達

そしてボーイズタウンで一カ年の社会福祉事業に対する情熱を燃やした創立者は、帰国後まだ「福祉」という言葉すら珍しかった昭和37年5月に、玉泉寺の旧本堂を利用して数人の子供たちをあずかり、檀家の人々、近隣の人々の援助をいただき生活を始め、同年11月に待望の児童養護施設「誠信少年少女の家」の認可がおり、社会福祉事業の第一歩がはじまりました。

当時の施設は、お寺の旧本堂と庫裏をつかい、本堂の大広間をベニヤ板で仕切り、職員と子供達が一つの部屋で生活し、風呂も「五右衛門風呂」・台所も「かまど」と子供たちが生活するには不便でした。
このような設備を早く改善するため、托鉢行道、補助金を得て、昭和41年「誠信少年少女の家」の建物完成、翌年4月には常盤宮さまに御臨席いただき落成式を行いました。

托鉢行道

ふくしの里

“あきらめず、皆が自ら働きかける力”

岩倉学園建設のための整地
(子供達及び職員)

この頃より更なる社会福祉事業として理念『群生和楽』すべての人々の幸せのため「ふくしの里」を実践すべく、アメリカの「少年の町」のような広大な土地を求めて富士山麓を駆け巡り、岩倉の地にたどり着きました。当時の岩倉は、森林に覆われ職員と子供たちが自ら開墾を手伝い昭和45年11月児童養護施設「岩倉学園」の認可。
そして建設中に、オイルショックにより建築費が高騰、職員と共に東奔西走し開設に辿りついた、昭和50年6月富士市初の特別養護老人ホーム「富士楽寿園」の認可。
地域社会での生活に困窮していた、障害を持った人の自立支援をするため、昭和54年4月障害者支援施設「富士和光学園」の認可、昭和61年障害者支援施設「富士本学園」の認可。そして創立よりの気風“あきらめず、皆が自ら働きかける力”をもって、水源確保が不可能と考えられた岩倉の地に、念願の井戸を掘りあてました。

遺志を継ぐ

“創立者信念”

しかし昭和63年2月創立者長谷川明徳は夢なかばで逝去いたしました。同年4月の葬儀では、「ねむの木学園」の宮城まり子さんが「あなたが施設づくりの後見人だった」と涙の弔辞をのべ、多くの皆様に愛しまれつつ旅立ちました。

その後、数々の施設を開設してまいりました。我々は創立者長谷川明徳の遺志を受け継ぎ、創立者信念『もとより福祉の掲げる理想と現実の場における実践とは、なかなか一致しがたく行き詰ることも多いと思いますが、マンネリ化することなく、施設は毎日毎日朝がくれば発足の日、認可の日と、創立の精神を今一度我々は考え直し、「社会福祉がその理想とする、すべての幸福に向かってまい進するように、我々は深い愛情、理解、努力にって、単なる机上のプランではなく、実践、行動をもって活躍し、実践は理論を生み、理論は貴重な実践、行動力をなす。これらが積み重ねられ紆余曲折の内に幸福が生まれてくると信ずる」の理想のごとく、職員、入所者一丸となって進みたいと思っています。』を振り返り歩んでおります。

未来に向けて

“One for all ,All for one”

東松島市大曲浜付近

さて、平成23年3月11日地震による津波が東日本を襲いました。「今、私たちにできること」はないかと職員と思案しているとき、再開の支援を求めている保育所を知り、震災後の被災地に数度と支援物資をもって訪れました。
そこで自然の人知を超えた大きさと怖さ、そして被災地で頑張る皆さんの強さを知りました。きっと「人はひとりでは生きらず、家族・兄弟・子供・友達、震災で亡くした親を誇りに思うなど、存在の有無に限らず、自分以外に何か大切なものを持っているからこそ、立ち上がれる。そしてこの大切なものは、身近にありすぎて普段から意識していないと見失ってしまうものだ」と感じました。世の中が加速度を増して変化を求めています、これからを担う子供たちの未来の社会はどうなるのでしょうか。

平成23年度より、子供たちの学習指導要領が変わり“ゆとり教育から、生きる力”を学ぶことになりました。
子供たちに「生きる力」を求める時代に、悲しさと虚しさを感じます、また大人が率先して「生きる力」を学ばなければいけないとも思います。
震災後、「絆・縁・つながり」などのフレーズをよく耳にします、人はひとりでは生きられず、絆があるから強く生きられるのだ、そしてこの様なことから「生きる力」を学ぶべきだと思います。

東松島市大曲保育所

孤独死・虐待・ひきこもりなど、自分以外の人を正しく感じられず、愛し方・付き合い方・いのちの大切さ、感じる力「感性」が弱い人が増えています。
絆や人のつながりが希薄な無縁社会になっています、我々は“あきらめず、皆で自ら働きかける力”を持ち“子供たちの笑顔のため”有縁な社会を創らなければなりません。誠信会は、創立50年の歴史を超えるにあたり、『有縁社会』を目指し、『自他』を学び『One for all ,All for one』を行動指針として『理念・群生和楽』未来の子供たちの社会が幸せであるよう進んでまいります。

(写真は許可を受けて掲載しています)
平成24年 元旦 理事長 長谷川文徳

ページトップへ
(C)Copyright (社)誠信会. All Rights Reserved.
社会福祉法人 誠信会
〒417-0847 静岡県富士市比奈1354 TEL:0545-38-1941  定休日:日・祝日・年末年始