恒例の流しそーめん・8月24日(土)

誠信会 法人情報 > 法人情報 > 地域交流 > 恒例の流しそーめん・8月24日(土)

毎年この時期、多機能ホーム結・保育所つぐみ・居場所ちゃ畑の協働による
「流しそーめん」
昨日までのムシムシとした暑さは、今日のこの日、気持ちよく吹く風で少し和らいだ感じでした。

今年は市内にお住まいの「クラウンやすのすけ」さんによるバルーンアートと
いつもの遊び場「ちゃ畑」にヨーヨー釣りとぷにょぷにょ金魚すくいの場を設け
ミニ縁日も同時に演出しました。

一時間以上もかけてメイクをし、
クラウンに変身した「クラウンやすのすけさん」は先ず多機能ホーム結のご利用者さんを対象に結室内でのパフォーマンス。
目の前で鮮やかな手つきで風船をきゅっきゅっ。
次々から次に出来上がる剣やプードル、花などに「あれまぁ!」とびっくり。
ニコニコ笑顔が絶えません。

 

居場所ちゃ畑の遊び場では今回初めて募集した中学生ボランティア男女8名が
ミニ縁日の準備から流しそーめん会場のテント立てなど大活躍。
本当にありがとうございました。

ヨーヨーつりの風船を膨らませる中学1年生の二人。だんだんと上手になってきました。

この二人の中学3年生、ぷにょぷにょ金魚が足りないよ!と100均を中心に5か所を
回ってみたけれど「なかった…」と水風船を仕入れてきました。凄い機動力!
このふくらめた水風船はプールの中に投入されていました。
クラゲが泳いでいるようでしたが、入って遊んでいるのは幼児です。
全部潰された!と残念がっていましたが、それはそれで双方とも楽しそうでした。

ほら、クラゲが浮いているようで何だかきれいです。
これはもう幼児達のかっこうのおもちゃですね。

 

中学2年生の二人。後ろではこよりをよって金具をつける作業。
違う中学校ですが、すっかり仲よし。協力しあって交代で子ども達と関わっていました。

室内パフォーマンスを終えた「クラウンやすのすけ」さん
いたるところで子ども達に囲まれていました。

子ども達は男女関係なく剣が人気。闘いも始まります。

 

さぁ始まりました「流しそーめんタイム」。賑わいました。
結のご利用者さん、地域の大人の方々、そして幼児連れの親子やつぐみの在園児、
卒園児、小学生も混じってツルツルつるつる。上手につかめなくて逃げるそーめん。
それでもお腹一杯になるまで食べました。


 

「さぁ!スイカ割り始めるよ~」の声にお部屋で遊んでいた子も外に飛び出しました。
小さい子組と大きい子組の2回開催。ここでも中学生ボランティアのお姉さんが活躍。
きれいに割れてと~っても美味しいスイカでした。

 

片づけも終わって。
遊び場ちゃ畑でこうして夢中で遊ぶ中学生の姿を見るとなぜかほっとします。

 

きっとまた来年も企画すると思います。
地域の方々との繋がりをもっともっと深めていきたいと思っています。記事に〝good〟してね (^_-)-☆
(Thank You Counter Button H26.4.18〜) 

カテゴリー: 介護事業 情報, 地域交流, 子育て事業 情報 パーマリンク

コメントは停止中です。